参院定数「6増」可決

 【参院選挙制度改革を巡り、総定数を6増する自民党などの公職選挙法改正案は、11日の参院本会議で自民、公明両党などの賛成多数で可決された。】=読売ONLINE(7/11)

 人口減少や国家予算の厳しい中でムダな議員を増やした。理由は自民党議員が合区で削減される対策と言うからあきれる。ましてや特定枠の最初から当選とは横暴に過ぎない。国民が議員を選ぶ権利を奪って民主主義を無視した制度を作った。

 参議院の定数増は国民がもっと怒るべきだが、現実は静かだ。だから自民党になめられるのだ。