夜の魚津駅

平成30年8月上旬、富山県の廃村探索、

2日目の夜は、あいの里とやま鉄道線 魚津駅そばの

ビジネスホテルに泊まりました。

北陸新幹線が開通して3年少し、

JR幹線の主要駅から三セクの中の一駅となった魚津駅

どんな様子なのか気になっていたのですが、

訪問は4年前(北陸本線お別れの旅)以来です。

宿はその時と同じ、魚津ローカルな宿です。

現地ではわからなかったのですが、画像を見直しているうちに

駅舎の帯の色が、変わっていくことに気づきました。

まずまず賑やかな市街では、宿主さんに紹介していただいた

一見のスナックで2時間半ほど唄いました。

 画像1: 夜の魚津駅(その1)

     駅南西からで、色帯は青。

 画像2: 夜の魚津駅(その2)

     駅北東からで、色帯は赤紫。

 画像3: 夜の魚津駅(その3)

     正面からで、色帯は赤。

     真正面は青で変わらないみたいです。

  (2018年8月6日(月)午後9時5分〜9時15分頃)