しなければしないままでしかない

砂漠しかないところで、人間には何ができるだろうか。恐らく限られたことしかできない。私などは、不適応だろう。川の魚が、海に出るようなことになる。太平楽で生きてもいる。平和だもない。まず生きて行かなければ生き残れない。日本の後進国支援も、それこそ見直すべきだろう。あらゆる面で遅れている。

早く楽になろうとする分別が働くと、先へ先へ物事を進めてしまいたくなる。そんなことばかりしていると早死にすることにもなりかねない。分かっていても止められない。折角入った大学も早く卒業しなければと思ってしまう。手段が目的になり、訳が分からないままに過ぎてもしまう。青春も、中年もそうして来たようだ。

 ・他人と争うようなことはしたくないと思っていたが、それをしないと上にも昇れない。適当にやることは無事でしかない。カネも女も縁がなかったのは、自分でそうしたからだろう。今更悔やんでも惜しいことばかり。これも未練の多い人生でしかない。人間の歴史は似たり寄ったりなのだろう。男と女も違うと思うから違うのだ。してもされても同じ事でしかない。

 ・へ2・・・視点を変えれば感情も逆転する。仕組まれた遺伝子で喜怒哀楽を繰り返しでいるだけだ。次々に流行があり、そしてすぐに萎れてしまう。遺伝子プールの中で泡のように生まれて、消えていくのだ。運がいいも悪いもない。ただ生きて、ただ死んでいく。