SKY-HI韓国HIPHOPシーンを牽引するレーベルHi-LiteRecordsのRedd

なんかこういう韓国とのつながり方はいいですね。

楽曲は日本よりですね、いい感じ。

正直のラップは好きだけど日本のラップは好きに思う人が少ない。

韓国のラップは日本よりなんか好き。日本のラップは早口で軽い感じの人が多いけど、韓国はアメリカが基礎にあってより近い感じがする。日本も日本の過去を飛び越えて色んなラッパーがこれから出てくると思うので楽しみにしたい。

SKY-HI韓国HIPHOPシーンを牽引するレーベルHi-LiteRecordsのReddyとのコラボMV公開

SKY-HIのメジャーデビュー5周年を迎える2018/08/07から期間限定でフリーダウンロードが行われ話題となったMIXTAPE(MINIALBUM)FREETOKYOの配信が本日よりスタートした。そして、今作に収録されるIThinkISingISayfeatReddyのMusicVideoが公開された。

今楽曲でコラボレーションしているReddyは、韓国で確固たるPROPSを集めHIPHOPシーンを代表するレーベルHi-LiteRecordsで今もっともHOTなアーティストで、SKY-HIからのラブコールにより今回のコラボレーションが実現した。

SKY-HIのセルフプロデュースとなるこの楽曲は、国籍、人種、宗教、職業、学歴、年齢、性別、性指向、政治的立ち位置、趣味趣向、その他のあらゆる属性や思想の異なり多様性を互いを尊重し、認め合い、愛し合うことをテーマに異なる国で生まれ育った2人が異なる言語でラップしている。

SKY-HIコメント

そういえばオリンピックが近いですが、戦国時代から考えたら、日本代表なんて考えられなかったと思うんですけど、僕が渋谷でラップしてた頃は、韓国のこんな才能と曲を作れる日の事も考えていませんでした。

これは決してデカいテーマなんかじゃなくて、僕や彼や君の日常の歌です。それをちょっと愛に溢れた物だと再認識したくて、気持ちのいいビートを作って気持ちのいいラップを入れました。

スタジオの日もReddyとの撮影の日も最高の思い出です。これからもっと最高の思い出を増やしていけたらなと思います。一言で言うと、いい曲なので聴いてくれたら、拡げてくれたら嬉しいです。

Reddyコメント

SKY-HI

-訳-

SKY-HIと作りあげた音楽的なシナジーが映像としても残ることになって光栄です。

今回のミュージックビデオは、日本で正式に僕の姿が紹介された初めての映像となります。どのような反応が得られるのだろうかとものすごく期待しています。

日本と韓国を越えて、今回の音楽に込められたポジティブなバイブスを伝えたいです。