何の権限で発行出来るのか不明な『仮想通貨』は『サギ』です ( その他金融と投資 )

金融庁は『ウソ吐きした』・・・『仮想通貨』が『決済手段』として、利用されている実態はゼロ

要するに『資産価値ゼロ円』=『電子データ』

○常に胴元(発行者)が丸儲け・・・ゼロ円のもの(電子データ)を円を出して、売れたら、売れたぶんだけ儲けです。

『どこの』・『だれが』・『何の権限で』(これ重要)・・・『通貨もどき』を『何の権限でもって』・『発行出来るのですか』

・・・『サギ』でしかない。世界では『中国』・『インド』が仮想通貨取引を『禁止』しています。違反すれば、刑務所行きです。

○日本では、新たに『ガクトコイン』なるもので、新たに220億円ものサギ被害が発生しております。

○『通貨』の持つ意味すら、分かって、いない、『金融庁』、と、それに群がる『政治屋ドモ』ですね。

○サギ=仮想通貨の胴元(発行元)と『取次ぎ所』・・・『全部サギ』です。

○『FX』も『サギ』です。・・・『甘い誘いにご用心』・『相手にしないことが=身を守ります』