離婚回避方法と不倫を終わらせる方法はまったく違います

こんにちは。

夫婦コンサルタント伊藤敏恵です。

私たち人間は、誰もが何か新しい事に取り組むとき、もしくは今までの自分と違う事をトライしようとするとき、不安を感じたり、怖いという思いを抱きます。

これは、私たちが人間として生きている限り、当然のことであって、誰もに発生することです。

今までの自分の習慣や行動と違う何かをトライしなければいけない時。

私たちの誰もが感じる不安。

この不安の正体は、心理学でいうところのComfortzone(コンフォートゾーン)の外に出ようとする際に、必ず発生する気持ちなのです。

Comfortzone(コンフォートゾーン)とは、簡単に言うといつもの慣れ親しんだ自分です。

たとえば、

怒りの気持ちを頻繁に持つ自分がいるとします。

怒りの気持ちを頻繁に持ってしまう自分の脳としては、怒りの気持ちを頻繁に持つことがいつもの慣れ親しんだ自分です。

自分の感情を配偶者にぶつけてしまう自分がいるとします。

自分の怒りの感情を配偶者にぶつける自分が、自分の脳にとってはいつもの慣れ親しんだ自分です。

夫が不倫をしていることを知っている。でも、夫の不倫を見て見ぬふりをすることを続けている自分がいる。

夫の不倫を見て見ぬふりをする自分が、自分の脳にとってはいつもの慣れ親しんだ自分です。

夫から離婚を宣告されている。でも、夫と離婚について話し合うことをせず、話し合いを避けている自分がいる。

夫と真摯に向き合うことをしない自分が、自分の脳にとってはいつもの慣れ親しんだ自分です。

この慣れ親しんだ自分でいるということが、Comfortzone(コンフォートゾーン)にいるということを意味します。

そして、その慣れ親しんだ自分以外の何らかの違う行動を取らないといけなくなったとき、人は不安と恐れを感じるのです。

もしもあなたが今、何らかの問題を抱えていて、その問題を対処するために何らかの行動策を取らなければいけなくなったとき、あなたの心の中には、

これをトライしてみて、もしもになったらどうしよう。という不安が発生したり、

これをトライしてみて、もしもダメだったらどうしよう。という恐れが発生したりするのです。

不安と恐れがたくさん発生すると、人は行動することを止めようとします。

そして、自分が行動しなくてもすむような何らかの理由を見つけてきます。

ときには、自分が新しい行動をしなくてもすむように、自分以外の他者の問題に首をつっこんだり、または、今すぐ自分が対処する必要がない問題を持ち出してきたりして、今早急に自分が対処しなければいけない問題を後回しにしようとします。

それによって、自分が優先的に対処しなければいけない問題から逃げるということをおこなうのです。

そうなりますと、自分の脳にとってはいつもの慣れ親しんだ自分のままで居続けることができますので、自分が抱いていた不安や恐れから、一時的に逃れることができるのです。

しかし、それは長くは続きません。

残念ながら、それは、ただの一時しのぎにしかならないのです。

最終的には、自分が抱えているその問題に対処しなければいけない状況に追い込まれます。

夫からの離婚要求が悪化したり、夫が不倫相手に本気になって相手女性と結婚を決意したり、夫の不倫相手が嫌がらせをしてきたり、

自分が早急に自分が対処しなければいけない問題を後回しした結果のほとんどは、予想をはるかに上回る最悪なシナリオが訪れます。

ときには、夫の不倫相手が妊娠して出産を決意するというシナリオもあります。

こうなってしまうと、もはや、ただの不倫としては済まされなくなります。

私が今まで担当したクライアントの皆さんたちの中にもいらっしゃいました。ご主人の不倫相手が妊娠し、そして出産するというケースが。

そうなると、夫は現在の妻と子供との家庭以外に、別の女性と子供との家庭を持つということになるのです。

この意味をよく理解できない皆さんが多いようですが、家族というのは法的に婚姻している夫婦だけが作るものではないのです。

家族というのは、父親と母親と子どもの組み合わせがあれば、家族になれるのです。

それがたとえ、法的に申請された婚姻関係でなかったとしても、たとえ不倫であったとしても生まれてくる子供にとっては父親と母親と子供という繋がりがあれば家族になるのです。

そうなりますとね。

たとえ不倫相手との間にできた子供であったとしても、夫は法的に認知する必要性が出てきますし、

その子供が成人するまでの養育費の負担と、夫が所有している財産等についての財産分与権もその子供に発生するのです。

皆さんは、これがどういう意味を持っているかご理解できますか?

つまり、それは、将来、自分たちの子供にも大きな影響が出るということになるのです。

今自分が抱えている問題や現実を冷静に見て、適切に対処することは、気持ち的には難しいかもしれません。

それをトライしようとするとき、不安や恐れも感じることでしょう。

しかしながらいつもの慣れ親しんだ自分でいる限り、あなたが抱えている問題を解決することはできないのです。

もしも今あなたが問題を抱えているのであれば、どうぞ、それに立ち向かう勇気を持ってください。

あなたが勇気を出して、一歩前に進むことができれば、必ず、あなたの状況は変わります。

手遅れになる前に、どうぞ勇気を持ってトライしてみてください。

こちらは離婚宣言された方向けです。

夫の不倫対処専門のコンサルティングはこちらです。

離婚回避方法と不倫を終わらせる方法はまったく違いますので、あなたの現状に適したコースをお受けいただくことをお勧めさせていただきます。

夫婦コンサルタント

伊藤敏恵

夫婦伊藤敏恵のプログラム

夫婦愛を築くためのラブリターンズプログラム

願いを叶える幸運体質な愛され女性プログラム

男性が愛したくなるトロフィーワイフプログラム

マンスリーサポート(プログラム受講者のみ)

夫婦伊藤敏恵の修復コンサルティング

離婚を宣言された方向けハートコネクティングコンサルティング

不倫を終わらせたい方向けノーアフェアマリッジ

解決策を見つける単発コンサルティング

お知らせ

最愛の女性になるための夫婦の心理学メルマガご登録はこちらからどうぞ

お気軽にお問い合わせ下さい(-)各種プログラム、お問い合わせはこちらからどうぞ

こちらのブログではお話できない秘密の話もしております(-)

夫婦コンサルタント伊藤敏恵OfficialsiteBlogはこちらです

夫婦コンサルタント伊藤敏恵著書のお知らせ

愛する男性の最愛の女性になるために

2014年9月10日出版

男性が愛する最愛の女性とはどのような女性か?

あなたは夫婦愛を築くための4つのステップを網羅していますか?

あなたは、男が命がけで守りたい女性はどのような女性かご存知ですか?

愛する男性と最高の結婚生活をおくるために

2016年1月30日出版

結婚生活を最高のものにするためには、夫婦に必要なふたつの要素をしっかりと学ぶ必要があります。

これさえわかれば、不倫も離婚も発生しない、愛にあふれた夫婦関係を手に入れることができますよ

離婚夫婦関係の修復、夫の浮気不倫解決のご相談、男性心理学を専門とする。日本国内では、北海道、青森、岩手宮城山形栃木群馬埼玉千葉東京神奈川新潟長野静岡愛知三重京都奈良和歌山岡山広島愛媛長崎鹿児島宮崎沖縄など、日本各地の皆さんたちから多くご相談をいただいております。

世界各国では、アメリカニューヨークボストンフロリダテネシーバージニアノースカロライナジョージアロサンゼルスサンフランシスコカリフォルニアハワイカナダバンクーバーイギリスフランスイタリアブラジルオーストラリアニュージーランド韓国にお住まいの皆さんたちからのご相談を多くいただいております。