今回のクレーム ( 陸上競技 )

今日の日本学生陸上は競技役員でしたが,空いている時間に観客席に上がっていました.そこで気づいたことと他の人が指摘していたことです.

昨日は投擲の記録表示板が3回の試技が終了するまで8番目が掲示されずに7番目までまでしか出されていなかったのに対して改善要望をしたのですが,今日は跳躍の上位記録表示が3回の試技が終わるまで掲示されず,4回目以降にようやく出てくることに対して大会本部にクレームしました.

観客からすれば,現在の8位記録がどれくらいなのかは距離を争う種目では大きな関心の対象なのに,トップ8が決まる前のラウンドでそれを表示しないのは,観客に対するサービスが足りないと思います.競技役員の業務は競技の運営であって観客へのサービスではない,という考えの人もいるかもしれませんが,わざわざお金を払って見に来てくれている人に便宜を図るのは礼儀だと思います.

日本陸連の審判ハンドブックにも

(6) 観客に対する配慮

競技会の規模・性格にもよるが,観客の多い競技会では,競技者と審判員だけということではなく,観客に対するサービスも考えなければならない.

審判員の位置,記録表示の仕方,判定の明確化とスピード化など,審判員の創意工夫によって,観客に対するサービスが数多くできる.興味深く見られる競技会運営は,審判員の努力にかかっているということを常に頭に入れ,創意工夫に富んだ競技会運営に努めていただきたい.

http://www.jaaf.or.jp/athlete/rule/handbook_pdf/01.pdf

と書いてあるのですから,今回のような大きな大会では観客への配慮をして欲しいと思います.