息子の気持ち

2学期は、演劇発表会があります。息子も娘もそれぞれ役が決まって日練習しているようです

2年に1回の発表会なので、娘は初めて。

私、舞台の上で注目されると苦手だって、セリフ言うとみんなが私の方一気に見るでしょう?恥ずかしくなっちゃうと恥ずかしがったり、

先生に、動きが上手って褒められたのと嬉しそうだったり、

舞台の上は苦手だけど、劇でみんなが笑ったりしてくれるの、すごく嬉しいの!

と言ったり

なんとまぁ、可愛いことを言うのだろう

色なことを思い、成長しているように見えます

息子は全体に向けて先生が怒ったことに、泣いたと話してくれました。自分に向けて怒っているように感じるんだよね。

うんうん聞いて、先生は全体を見て、一生懸命やっていない子に怒っているんだと思うよ、だから息子が怒られてるわけじゃないんだよ、と伝えたけどね、、、どうかな

息子のセリフ、家で披露してくれたんですが、、、、すんごい上手でした

感情がこもっていて、声の大きさも良くて、、、、なんだ将来はそーゆー方向も向いてるのか?とか思っちゃったり(笑)

まぁ、、、何するにしても、精神面の安定が不可欠ですが

そんな息子、昨夜、暇ー暇ーと言い出しました。お薬効果か、イライラはしていません。楽しめるものを自分で探して家の中をウロウロ。

で、リビングの高い棚にある本を探し始めました。手にとったのは、発達障がいの本。それをパラパラめくりながら、、、、お母さん、僕は自閉症なのかな??と聞いてきました。

私が伝えた時は自閉症の言葉は使っていません。発達障がいと伝えています。

自閉症スペクトラムの話、そのスペクトラムの意味。そのほかADHDとか、名前がついているけれど、それぞれその人その人で違うということ。今手にしている本も、息子もそうだなーって思うことと、これは息子には当てはまらないなーってことがあるよねってこと。

得意なことと苦手の差がすごく大きいこと、苦手なことも他のやり方でカバーできるのなら苦しんでまでやらなくていいとお母さんは思っていること、得意なことはどんどんやっていきたいねって話などなど、その他諸話しました。

息子から聞いてきてくれたことが嬉しかった

息子は書字や計算が苦手なので、それはパソコンがやってくれるって話しています。

それでも息子はやれるようになりたい、やれる自分でありたいようなのですが、、、

ドラえもんの漢字の本がうちにあってそれをちょうど見ていたので、2年生や3年生の時の漢字についてちょっと聞いてみました。

日頃、家で好きなことを書く時も漢字はあまり使わない息子なので、覚えてないんだろうなぁーと思っていたんですが、、、、覚えているんですよね

10文字近く聞いたかなぁ、、、全部そのつくりを答えました。ニンベンに書いて書いたやつ、とか。

計算についても、新しく習ったことについては拒否反応に近い反応ですが(パッとわからないことが嫌だから)、少し前にやったことはスムーズに解きます。

これこそ息子の気持ちの表れだなぁ。

教わってすぐは、間違えるし、解き方もどうやるんだっけ、、うーんと、そうか、こうやるんだった!って思い出す作業が必要だったりします。

それが、息子、受け入れられないんだなぁ。問題見たら、パッと解けないと嫌なんです。

息子の気持ちはある程度理解できる、、、ここからどうやっていこうか、今まで通り日伝えることしかないのかな

その気持ちを楽にできる方法、、、ないかなぁーーーーーー